色んな選択肢が有るカナダ留学卒業後の進路

海外で勉強する、いわゆる留学は若い世代の方々に限った事ではありません。

シニア世代特に長年の会社勤めが終わり、定年退職で自由な時間を持てる人の中にも海外での勉強を希望されています。
カナダ留学のコースの中にはシニア向けの特別なコースが用意されて居り、所管の州や都市も本格的にサポートしています。


そのキャッチフレーズは落着いた環境で、ゆっくり英語と文化を学ぶになっています。


実際のコースは集中英語プログラム、文化講座、料理講習、芸術鑑賞で構成されて居り、留学の参加者は現地での短期ホームステイとなります。

このプログラムは世界各国のシニアが参加出来る為ヨーロッパ、アジア、南米からも参加されています。

カナダ留学のことならお任せください。

教室では英語のみの使用であり、インストラクターからの授業の他に他国からの参加者ともコミュニケーションを取る必要があり、ホームステイ先も含めて略24時間の英語漬けの状態が続きます。
若い学生の留学と違い、同じ国の人との息抜きが出来にくい環境ですが、それが英語習得の時間を短縮して呉れます。
同じ他国からの参加者からはその国の文化を学び、同じ世代の人間として共通の話題も見つける事が出来、カナダを含めて異文化体験が可能です。

エキサイトニュース情報は必ず役に立ちます。

これらのコースを体験し、卒業された方々は帰国後英語教室を開講されたり、シニアのボランティア通訳にならています。

一部の方はカナダに対する興味が益々出始めグリーンカードを取って本格的な移住を検討されています。